重要なお知らせ|Important notices

お知らせ|News

治療費|Therapy cost

大人
6300円
小人(15歳以下)
3150円
美容鍼灸
6300円

ながさわ鍼灸日記

2018年9月4日

はり灸・妊娠3カ月(8~11週)


こんにちは。ながさわ鍼灸治療院です。

 

妊娠中はハリ灸をしても良いのだろうか?とお思いの方は多いようです。

どの時期にハリ灸を受けても問題はありません。

ですが

時期によってハリをしてはならないところ

灸を据えてはならないところがあります。

 

そのようなことをベースにしながら

妊娠初期で悪阻が苦しい時には悪阻に対応するはり灸を。

 

妊娠中期になりお腹が張ってきたり便秘になったり

妊娠後期で逆子が発覚したり、安産に出産をすることを希望したり

それぞれに対応してハリ灸をおこなっていきます。

また、安定期に入った5カ月からは安産灸を据え始めることができます。

 

妊娠3カ月(8~11週)の母体の状態は

・悪阻の症状がピークの場合がある

・乳房の張りが強くなる

・乳頭の色が濃くなってくる

・おりものの量が増える

・疲れやすくなる

・眠いことが多くなる

などです。

 

お腹のなかは

・指が分かれて爪も出来始める

・頭と胴体、手足の区別がつくようになっていくる

・胎芽から胎児と呼ばれる時期に入る

 

頭殿長は18~66mm

体重は5~12g(イチゴ1粒くらい)

 

この頃の健診は4週に1度のことが多いです。

 

 

*********************

ハリ灸治療(経絡治療)は、「症状治療」と言われています。

悪阻といえどもいくつかの症状があります。

吐きつわり、食べつわり、眠りつわり、よだれつわり、においつわり。

症状に対してハリ灸治療をおこなうのが経絡治療です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世田谷区・二子玉川の鍼灸院・経絡治療 /ながさわ鍼灸治療院<不妊症・不育症・逆子・安産灸・産後ケア・子ども小児ハリ(夜泣き・夜尿症)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP

CopyRight© 2020 nagasawa Acupuncture & moxibustion clinic All rights reserved.