重要なお知らせ|Important notices

お知らせ|News

治療費|Therapy cost

大人
6300円
小人(15歳以下)
3150円
美容鍼灸
6300円

ながさわ鍼灸日記

2018年9月30日

不眠と病の関係


こんにちは。ながさわ鍼灸治療院です。

 

今回は、不眠と病気の関係について書かせていただきたいと思います。

 

単に、睡眠不足の場合もありますが

異常に眠気に襲われたり

何日も眠気が取れなかったりすると

なにか病が潜んでいるのではないかと心配になるものです。

必ずしも病とすぐに直結するとは限りませんが

可能性として知っていることは損ではないと思います。

 

不眠と関連例のある病についてです。

①うつ病

うつ病の症状として「不眠」が現れることがあります。

年齢が引くときに睡眠が上手に取れなかった人は

そうでない人に比べて30年以上経った際に

うつ病になる危険性は2~3倍高いと言われています。

 

②糖尿病

因果関係はよくわかっていないようですが

糖尿病の人の中には不眠を訴える場合が多いとのことです。

 

③高血圧

高血圧の人が不眠を訴えることは多いです。

眠れなくてイライラすると交感神経が活発になり

血圧が高くなるのではないかと考えられています。

 

④睡眠時無呼吸症候群

肥満とされている中高年男性によくみられる病です。

睡眠中に断続的に大きないびきをかき

いびきが中断した時に呼吸が止まります。

その際に睡眠が中断されるので慢性的な寝不足になります。

その為、昼間に強い眠気が起こります。

放置すると心臓病や脳卒中など重篤な病を招くことがあると言われています。

 

⑤むずむず脚症候群

その名と通り、足先やふくらはぎを虫が這うような

むずむず感がするのが特徴です。

寝床に入って眠ろうとすると症状が現れるので

なかなか寝付くことができず不眠につながります。

 

⑥肌荒れ

こちらは不眠の結果ですが、

睡眠時に分泌される「成長ホルモン」の分泌が少なくなり

肌荒れを引き起こします。

 

⑦その他の不眠の原因

・痛みやかゆみ、喘息発作、頻尿などによるもの

・環境の変化から起きるもの

・精神の疾患からくるもの

・ストレス

・薬物

 

即、これらの病と直結ではありませんが

「もしかしたら?」は身体のサインを逃さないことにもつながります。

 

 

 

 

 

世田谷区・二子玉川の鍼灸院・はりきゅう経絡治療 /ながさわ鍼灸治療院<不妊症・不育症・逆子・安産灸・産後ケア・子ども小児ハリ(夜泣き・夜尿症)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP

CopyRight© 2020 nagasawa Acupuncture & moxibustion clinic All rights reserved.