お知らせ|News

治療費|Therapy cost

大人
6300円
小人(15歳以下)
3150円
美容鍼灸
6300円

ながさわ鍼灸日記

2016年2月2日

下痢について


 

下痢についてです。

 

下痢とは

糞便内の水分量が多くなり

糞便が固形状の形を失って水様

あるいは粥状になった状態をいいます。

下痢は単に便通の回数が多いということではなく、

便通は一日1回でも二日に1回でも

その便にたくさんの水分が含まれている場合をいいます。

 

自律神経のバランスについても

無視することはできません。

はり灸治療で整えることは

助けになると思います。

 

治療を受けながら

日々の生活でご自身で出来ることもあります。

 

鍼灸治療を受けていても

やはり気になるのは食事です。

 

食物繊維の多いもの

豆や芋類は少なめにしてみましょう。

腸内でガスを発生し

腸管を刺激するのでたくさん食べないようにしましょう。

 

おなかの緩い方はすでに実践済みでしょうが

アルコールや香辛料、炭酸飲料、

冷たいものなどは控えてみましょう。

腸管に刺激を与えるので出来るだけひかえましょう。

 

アレルギー食品は避けてみましょう。

食品アレルギーによって

下痢が起きている可能性もあります。

牛乳・卵・魚・貝類が可能性として高いといわれています。

 

一回に食べる量を少なくしてみるのもよいです。

胃脹への負担を軽くします。

 

油脂の多い食品や料理は控えましょう。

油脂類は消化に時間かかかるためひかえてみましょう。

揚げ物・バター・クリーム類など

 

やわらかく調理したものを食べてみましょう。

果物は症状のひどい時ならば缶詰を使うとよいでしょう。

 

 

 

 

世田谷区・二子玉川の鍼灸院・経絡治療 /ながさわ鍼灸治療院/お灸教室<不妊症・不育症・逆子・安産灸・産後ケア・子ども小児ハリ(夜泣き・夜尿症)>

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

PAGETOP

CopyRight© 2017 nagasawa Acupuncture & moxibustion clinic All rights reserved.